*

2017年1月

クレジットカードで現金を得る方法などについて

クレジットカードには多くの場合にキャッシング枠とショッピング枠がありますが、キャッシング枠に残高がある場合はカード会社から借金をすることができます。

ショッピング枠を利用するとその場で現金を支払わずに商品を購入し、後でカード会社に代金を支払うことになります。

ショッピング枠の方がキャッシング枠よりも大きくなる傾向があるので、キャッシング枠が使えないときなどにショッピング枠が重宝します。

また、ショッピング枠で購入した商品を買取店などで売却して利益を得るクレジットカード現金化という方法がありますが、カード会社からは認められていない行為です。

ショッピング枠で購入した商品は代金を完済するまで所有権がカード会社にあり、転売目的のショッピング枠の利用は禁止されています。

ショッピング枠で購入した商品を自分で売りに行って現金を得る場合は、カード利用停止になるリスクが高いです。

一般的に新幹線の回数券やブランド品などが買取価格が高くなる傾向にあり、カード会社もその点を把握しています。

特に、新幹線の回数券やブランド品などをショッピング枠でまとめ買いするとカード会社から転売の疑いを持たれて知らない間にカード利用停止になる場合もあります。

一方、業者の指定した商品を購入して業者に売却するという方法でクレジットカード現金化を行う場合は、間に業者が入ることもあってカード利用停止のリスクが低いです。

インターネット等で情報収集を行って優良店を選ぶことができれば、70~80%程度の換金率で確実に現金を得ることができます。

その中でも換金率が平均より高い業者が口コミで人気のネオギフトがあります。

口コミや評価も高く長年、株式会社でやっているので優良店と思われます。